目次

前のトピックへ

Jubatus : オンライン機械学習向け分散処理フレームワーク

次のトピックへ

Jubatus Overview

このページ

クイックスタート

Jubatus のインストール

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.2 以降 (64-bit) と Ubuntu Server 12.04 LTS / 14.04 (64-bit) を公式にサポートしています。 これらのシステムでは、Jubatus のすべてのコンポーネントをバイナリパッケージでインストールすることができます。

また、その他の Linux 環境 (32-bit を含む) と Mac OS X が試験的にサポートされています。

Red Hat Enterprise Linux 6.2 以降 (64-bit)

以下のコマンドを実行して、Jubatus の Yum リポジトリをシステムに登録します。

// RHEL 6 の場合
$ sudo rpm -Uvh http://download.jubat.us/yum/rhel/6/stable/x86_64/jubatus-release-6-2.el6.x86_64.rpm

// RHEL 7 の場合
$ sudo rpm -Uvh http://download.jubat.us/yum/rhel/7/stable/x86_64/jubatus-release-7-2.el7.x86_64.rpm

jubatusjubatus-client のパッケージをインストールします。

$ sudo yum install jubatus jubatus-client

RHEL 6 では、依存パッケージ (oniguruma) のインストールに rhel-6-server-optional-rpms または jubatus-optional リポジトリを使用します。 上記の手順を実行した際、 oniguruma パッケージが存在しないエラーが表示された場合は、以下のコマンドのいずれかを実行してください。

// RHEL 6 で、oniguruma パッケージが存在しない場合
$ sudo yum --enablerepo=rhel-6-server-optional-rpms install jubatus jubatus-client

// RHEL 6 で、oniguruma パッケージが存在しない場合 (rhel-6-server-optional-rpms が利用できない場合)
$ sudo yum --enablerepo=jubatus-optional install jubatus jubatus-client

Ubuntu Server (64-bit)

以下の行を /etc/apt/sources.list.d/jubatus.list に記述して、Jubatus の Apt リポジトリをシステムに登録します。

// Ubuntu 12.04 (Precise) の場合
deb http://download.jubat.us/apt/ubuntu/precise binary/

// Ubuntu 14.04 (Trusty) の場合
deb http://download.jubat.us/apt/ubuntu/trusty binary/

jubatus のパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install jubatus

現在、パッケージには GPG 署名が行われていません。 以下の警告メッセージが表示された場合は、 y を入力してください。

Install these packages without verification [y/N]? y

これで、Jubatus が /opt/jubatus にインストールされました。

Jubatus を使う前に、毎回 profile スクリプトから環境変数を読み込む必要があります (~/.bash_profile に追記しておくと便利です)。

$ source /opt/jubatus/profile

csh または tcsh をお使いの場合は、こちらを使用してください。

$ source /opt/jubatus/profile.csh

その他の Linux 環境 (32-bit を含む)

jubatus-installer を使用するか、 Jubatus をソースからビルドする を参照してソースからビルドしてください。

Mac OS X

Homebrew をお使いの場合は、 tap リポジトリ を使用すると簡単にインストールが行えます。

それ以外の場合は、 jubatus-installer を使用するか、 Jubatus をソースからビルドする を参照してソースからビルドしてください。

Jubatus クライアントのインストール

Jubatus を使ったクライアントアプリケーションは C++, Python, Ruby または Java で記述することができます。 クライアントアプリケーションから Jubatus を使うには、各言語のクライアントライブラリをインストールする必要があります。 クライアントライブラリは MIT License の下で配布されています。

チュートリアル を試す場合は、Python クライアントだけをインストールすれば十分です。

Jubatus と Jubatus クライアントのバージョンは異なることがあります。これは、Jubatus の API が変更されない場合はクライアント側のアップデートが不要なためです。

C++

クライアントは Jubatus フレームワークに含まれている ($PREFIX/include/jubatus/client/*_client.hpp) ため、インストールは不要です。

コンパイラや開発用のヘッダがインストールされていない場合は、以下の手順でセットアップを行ってください。 RHEL では、以下のコマンドを実行します。

$ sudo yum groupinstall "Development tools" "Additional Development"

Ubuntu では、以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install build-essential

Python

クライアント (Python 2.6, 2.7 または 3.x が必要) は PyPI で配布されています。

$ sudo pip install jubatus

pip コマンドがインストールされていない場合は、以下の手順でインストールしてください。

$ wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
$ sudo python ez_setup.py
$ sudo easy_install pip

Ubuntu では pip のインストールに python-pip パッケージを利用することもできます。

Ruby

クライアント (Ruby 1.9 以降が必要) は RubyGems で配布されています。

$ sudo gem install jubatus

Java

クライアントは Jubatus の Maven リポジトリで配布されています。 以下の記述をあなたのプロジェクトの pom.xml に追加してください。

<repositories>
  <repository>
    <id>jubat.us</id>
    <name>Jubatus Repository for Maven</name>
    <url>http://download.jubat.us/maven</url>
  </repository>
</repositories>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>us.jubat</groupId>
    <artifactId>jubatus</artifactId>
    <version>[0.9,)</version>
  </dependency>
</dependencies>

チュートリアル

チュートリアル を試してみましょう (Python クライアントが必要です)。

作ってみよう!

おめでとうございます! これで、Jubatus を使ってあなた独自のアプリケーションを書く準備ができました。 Jubatus がどのような機能を持っているか知るには、 Client API をチェックしてください。

各言語のスケルトンプロジェクトを使用すると、容易にアプリケーションの開発を始めることができます。

jubatus-example リポジトリでは、Jubatus を利用したアプリケーションの実例を見ることができます。

Fork me on GitHub