Regression チュートリアル (Python)

ここではPython版のRegressionサンプルプログラムの解説をします。

ソースコード

このサンプルプログラムでは、学習アルゴリズム等の設定をするrent.jsonとデータの学習及び学習モデルに基づく推定を行うjubahomes.py、 また学習用データとしてrent-data.csv、推定用データとしてmyhome.ymlを使用します。 以下にrent.jsonとjubahomes.pyおよびmyhome.ymlのソースコードを記載します。

rent.json

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
{
  "method": "PA",
  "converter": {
    "num_filter_types": {},
    "num_filter_rules": [],
    "string_filter_types": {},
    "string_filter_rules": [],
    "num_types": {},
    "num_rules": [
      { "key": "*", "type": "num" }
    ],
    "string_types": {},
    "string_rules": [
      { "key": "aspect", "type": "str", "sample_weight": "bin", "global_weight": "bin" }
    ]
  },
  "parameter": {
    "sensitivity": 0.1,
    "regularization_weight": 3.402823e+38
  }
}

jubahomes.py

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
#!/usr/bin/env python

import argparse
import yaml

from jubatus.common import Datum
from jubatus.regression.client import Regression
from jubatus.regression.types import *

VERSION = (0, 0, 1, '')

def get_version():
  version_string = '%s.%s.%s' % VERSION[0:3]
  if len(VERSION[3]):
    version_string += '-' + VERSION[3]
  return version_string

def parse_options():
  parser = argparse.ArgumentParser()
  parser.add_argument(
    '-a',
    required = True,
    help     = 'analyze data file (YAML)',
    metavar  = 'FILE',
    dest     = 'analyzedata'
  )
  parser.add_argument(
    '-t',
    help     = 'train data file (CSV)',
    metavar  = 'FILE',
    dest     = 'traindata'
  )
  parser.add_argument(
    '-v',
    '--version',
    action   = 'version',
    version  = '%(prog)s ' + get_version()
  )
  return parser.parse_args()

def main():
  args = parse_options()

  client = Regression('127.0.0.1', 9199, '')

  # train
  num = 0
  if args.traindata:
    with open(args.traindata, 'r') as traindata:
      for data in traindata:

        # skip comments
        if not len(data) or data.startswith('#'):
          continue
        num += 1

        rent, distance, space, age, stair, aspect = map(str.strip, data.strip().split(','))
        d = Datum({
            'aspect': aspect,
            'distance': float(distance),
            'space': float(space),
            'age': float(age),
            'stair': float(stair) })
        train_data = [[float(rent), d]]

        # train
        client.train(train_data)

    # print train number
    print ('train ...', num)

  # anaylze
  with open(args.analyzedata, 'r') as analyzedata:
    myhome = yaml.load(analyzedata)
    d = Datum({
        'aspect': str(myhome['aspect']),
        'distance': float(myhome['distance']),
        'space': float(myhome['space']),
        'age': float(myhome['age']),
        'stair': float(myhome['stair'])
        })
    analyze_data = [d]
    result = client.estimate(analyze_data)

    print ('rent ....', round(result[0], 1))

if __name__ == '__main__':
    main()

myhome.yml

#
# distance : 駅からの徒歩時間 (分)
# space    : 専有面積 (m*m)
# age      : 築年数 (年)
# stair    : 階数
# aspect   : 向き [ N / NE / E / SE / S / SW / W / NW ]
#
distance : 8
space    : 32.00
age      : 15
stair    : 5
aspect   : "S"

解説

rent.json

設定は単体のJSONで与えられます。 JSONの各フィールドは以下の通りです。

  • method

    使用するアルコリズムを指定します。 Regressionで指定できるのは、現在”PA”のみなので”PA”(Passive Aggressive)を指定します。

  • converter

    特徴変換の設定を指定します。 ここでは、”num_rules”と”string_rules”を設定しています。

    “num_rules”は数値特徴の抽出規則を指定します。 “key”は”*”つまり、すべての”key”に対して、”type”は”num”なので、指定された数値をそのまま重みに利用する設定です。 具体的には、築年数が”2”であれば”2”を、階数が”6”であれば”6”を重みとします。

    “string_rules”は文字列特徴の抽出規則を指定します。 “key”は”aspect”、”type”は”str”、”sample_weight”は”bin”、”global_weight”は”bin”としています。 これは、”aspect”という”key”は文字列として扱い、指定された文字列をそのまま特徴として利用し、各key-value毎の重みと今までの通算データから算出される、大域的な重みを常に”1”とする設定です。

  • parameter

    アルゴリズムに渡すパラメータを指定します。 methodに応じて渡すパラメータは異なります。

    ここではmethodで“PA”を指定していますので、”sensitivity”と”regularization_weight”を設定します。

    sensitivity:許容する誤差の幅を指定する。 大きくするとノイズに強くなる代わりに、誤差が残りやすくなる。 regularization_weight:学習に対する感度パラメータを指定する。 大きくすると学習が早くなる代わりに、ノイズに弱くなる。

    なお、各アルゴリズムのregularization_weightパラメータ(学習に対する感度パラメータ)はアルゴリズム中における役割が異なるため、アルゴリズム毎に適切な値は異なることに注意してください。

jubahomes.py

学習と推定の手順を説明します。

Regressionのクライアントプログラムは、jubatus.Regressionを利用して作成します。 使用するメソッドは、学習を行うtrainメソッドと、与えられたデータから推定を行うestimateメソッドの2つです。

  1. Jubatus Serverへの接続設定

    Jubatus Serverへの接続を行います(44行目)。 Jubatus ServerのIPアドレス,Jubatus ServerのRPCポート番号, タスクを識別するZookeeperクラスタ内でユニークな名前を設定します。

  2. 学習用データの準備

    このサンプルでは、オプションとして”-t”を指定しCSVファイルパスを指定した場合のみ、2.~3.の学習を行います。 オプションが指定された場合の、学習用データ作成の手順は下記の流れで行います。

    Regressionでは、list<tuple<float, Datum>のlistを学習用データとして作成し、Regressionのtrainメソッドに与えることで、学習が行われます。 今回は賃貸情報サイトのCSVファイルを元に学習用データを作成していきます。 賃貸情報の要素として、家賃(rent)、向き(aspect)、駅からの徒歩時間(distance)、占有面積(space)、築年数(age)、階数(stair)があります。 下図に、今回作成する学習用データの構造を示します。(rent-data.csvの内容は100件以上ありますが、ここでは4件を例として挙げています)

    list<tuple<float, Datum>>
    label(float) Datum
    list<tuple<string, string>> list<tuple<string, double>> list<tuple<string, string>>
    key(string) value(string) key(string) value(double) key(string) value(string)
    5.0 “aspect” “SW”
    “distance”
    “space”
    “age”
    “stair”
    10
    20.04
    12
    1
       
    6.3 “aspect” “N”
    “distance”
    “space”
    “age”
    “stair”
    8
    21.56
    23
    2
       
    7.5 “aspect” “SE”
    “distance”
    “space”
    “age”
    “stair”
    25
    22.82
    23
    4
       
    9.23 “aspect” “S”
    “distance”
    “space”
    “age”
    “stair”
    10
    30.03
    0
    2
       

    tuple<float, Datum>はDatumとそのラベル(label)の組です。 Datumとは、Jubatusで利用できるkey-valueデータ形式のことです。 Datumには3つのkey-valueが存在します。 1つはキーも値も文字列の文字列データ(string_values)です。 1つはキーは同様に文字列で、値は数値の数値データ(num_values)です。 もう1つは、キーは同様に文字列で、値は文字列のバイナリデータ(binary_values)です。

    Datumのコンストラクタ引数で指定したdictのvalueが文字列の場合は、string_valuesに、valueが数値の場合はnum_valuesに値がセットされます。

    表の1つ目のデータを例に説明すると、向き(aspect)は文字列なのでstring_valuesとして、キーに”aspect”、バリューに”SW”を設定します。
    それ以外の項目は数値なので、num_valuesに
    キーに”distance”、バリューに‘10’、
    キーに”space”、バリューに‘20.04’、
    キーに”age”、バリューに‘15’、
    キーに”stair”、バリューに‘1’
    と設定します。

    これらの5つの情報を保持したDatumにラベルとして家賃である‘5.0’を付け加え、家賃が‘5.0’である賃貸の条件を保持したtuple<float, Datum>ができます。 その家賃ごとのデータ(tuple<float, Datum>)をlistとしたものを学習用データとして使用します。

    まず、学習用データの元となるCSVファイルを読み込みます(49行目)。 for文にて1行ずつループで読み込んで処理します(50-67行目)。 CSVファイルなので、取得した1行を’,’で分割し要素ごとに分け、それぞれ変数に代入します(57行目)。

    文字列項目と数値項目の要素をそれぞれ、Datumのコンストラクタに辞書オブジェクトとして指定します(58-63行目)。 そのDatumにlabelとして家賃(rent)を付与したものを学習用データの1つ(変数train_data)として使用します(64行目)。

  3. データの学習(学習モデルの更新)

    2.の工程で作成した学習用データを、trainメソッドに渡すことで学習が行われます(67行目)。 trainメソッドの引数は、先ほど作成したtrain_dataを指定します。

  4. 推定用データの準備

    推定も学習時と同様に、推定用のDatumを作成します。 ここでは、推定用のデータをYAMLファイルから読み込む方法で実装します。 YAML(ヤムル)とは、構造化データやオブジェクトを文字列にシリアライズ(直列化)するためのデータ形式の一種です。

    あらかじめ作成したYAMLファイル(myhome.yml)をyaml.load()で読み込むとdict型で返却します(74行目)。 その要素から2の処理と同じ様に文字列項目と数値項目を作成しDatumを作成します(75-81行目)。

    作成したDatumを推定用データのlistに追加し、Regressionのestimateメソッドに与えることで、推定が行われます。

  5. 学習モデルに基づく推定

    4.で作成したDatumのlistを、estimateメソッドに渡すことで、推定結果のlistを得ることができます(83行目)。

  6. 結果の出力

    5.で取得した、推定結果のリストは推定用データの順番で返却されます。(サンプルでは推定用データは1データなので1つしか返却されません) 推定結果はfloat型なので、出力のために小数第二位で四捨五入しています(85行目)。

サンプルプログラムの実行

  • Jubatus Serverでの作業

    jubaregressionを起動します。

    $ jubaregression --configpath rent.json
    
  • Jubatus Clientでの作業

    オプションを指定し下記のコマンドで実行します。

    $ python jubahomes.py -t ../dat/rent-data.csv -a ../dat/myhome.yml
    
      -t :CSVファイルパス(学習データありの場合)
      -a :YMLファイルパス(必須)
    

    実行結果:

    train ... 145
    rent .... 9.9
    

    myhome.yaml を変更し、いろんな条件で物件の家賃を推測できます。

    $ edit ../dat/myhome.yml
    $ python jubahomes.py -a ../dat/myhome.yml
    $ edit ../dat/myhome.yml
    $ python jubahomes.py -a ../dat/myhome.yml
      :